⑩辰巳屋嘉兵衛

辰巳屋創業者は播州・姫路出身

所在地 大阪市南区心斎橋筋(現・中央区心斎橋筋)

播州姫路出身の「辰巳屋嘉兵衛」は、姫路特産のなめし革細工の煙草入れを大阪で商いをしていた。辰巳屋の商標はカネ辰と記したが、これが後年鈴木商店のカネタツの屋号の起源である。場所は心斎橋筋の現在大丸百貨店の東の方で、永く「びっくりぜんざい」という甘党を喜ばす店のあった辺りだという。(柳田富士松伝)

同郷の松原藤助が嘉兵衛を頼って辰巳屋に務めたのは、藤助16歳の時で、後年辰巳屋の暖簾を引き継ぐ。宗家・辰巳屋が没落したため、藤助が実質辰巳屋の初代として暖簾を守った。

  • 大阪市パノラマ地図(島之内(南区)矢印は大丸百貨店)大正13年
  • 辰巳屋暖簾
  • 大阪・新世界「からさき屋」の”びっくりぜんざい”の看板

TOP