①鈴木商店・大阪支店

商都・大阪の拠点は、宗家・辰巳屋ゆかりの船場にほど近く

所在地 大阪・南区末吉橋通2-3(現・中央区南船場1丁目)

鈴木商店では、支店・出張所網は明治34(1901)年頃の下関を皮切りに、東京を明治37(1904)年、大阪、上海を明治38(1905)年頃、台南を明治40(1907)年に開設している。

大正12(1923)年、組織改革により貿易部門を分離し、(株)鈴木商店を新たに創設。各支店人事も発表され、大阪支店長には井原五兵衛が就任した。

大正7(1918)年から数年間の鈴木絶頂期の内外支店出張所の総数は、50~70有余を超え、大正15(1926)年においても15支店、42出張所体制を保持していた。

なお、明治42(1909)年に設立された「日本商業」の事務所は、鈴木商店大阪営業所(後に支店)内(2F)に置かれた。

関連資料

  • 鈴木商店大阪支店
  • 現在の南船場・長堀橋交差点(左奥 、鈴木商店大阪支店跡地に富士火災海上ビル(新生・AIG損保))
  • 富士火災海上保険・大阪本社ビル(2018.1.1.AIU損保と合併し、AIG損保に)

TOP