都市開発

金子直吉の交通事業に寄せる強い思い

◆山陽電気軌道(現・サンデン交通)
 出資   時期不明(設立:大正13(1924)年)
 所在地  下関・彦島

◆長府土地(山陽電気軌道を経て現・サンデン交通)
 出資   時期不明(設立:大正14(1925)年)
 所在地  下関・長府

山陽電気軌道は、大正13(1924)年下関市内より山陽路の地方鉄道および軌道を敷設営業することを目的に設立された。

かねてより金子直吉は、交通事業に強い関心を持ち、関東大震災の直後には、阪神間に新しい海岸鉄道敷設計画を具体化しようと試みたが叶わず、代わって山陽電気軌道に出資したものである。

鈴木破綻後同社は、大正14(1925)年設立した長府土地を併合し、昭和46(1971)年鉄軌道業を全廃し、公共バス運航を中心とする旅客自動車運送業に転換した。これを機に社名をサンデン交通に改めた。

金子直吉の故郷、高知市内を走る土佐電鉄の車両は、国内外で実際に使われていた多くの車両が使われているが、かつての山陽電気軌道の車両も今なお現役で運行されている。

関連リンク

  • 土佐電鉄に復活した山陽電気軌道車両
  • サンデン交通

関連会社の変遷

TOP