西岡貞太郎

土佐派の最長老、鈴木の九州探題として北九州、山口一帯の総帥

生年 安政3(1856)年
没年 昭和9(1934)年

高知県安芸郡安田町出身。土佐派の最長老。
明治30(1897)年、台湾に渡り未開地で樟脳製造を始める。同35(1902)年中国の樟脳事業を視察、鈴木商店に入り大里製糖所設立に係わる。

同36(1903)年から北海道を往来し薄荷、魚油事業を担当。
同44(1911)年、門司支店支配人、大正2(1913)年支店を門司から下関に移す。
沖見初炭坑、帝国炭業各社長を歴任。

 

関連リンク

TOP